見えないものが見えてきます!Part2

おはようございます。瑛くんのパパです。

最近休日は家族で公園回りを楽しんでおります。

土曜日は車で大きな公園に行き、日曜日は近くの公園で息子と遊んでおります。
無料の大きな公園では、無料とは思えないほど色々な施設が設備されてたりするので、子供も結構楽しんでおります。
インターネットで探してみると他にも結構色々あるので毎週飽きません。

さて、話は変わって前回ストラクチャスキャンSIR-3000をご紹介をさせてもらいましたが、弊社にあるコンクリート試験体をSIR-3000の1.6GHzアンテナを使用してデータを取ってみました。

p1010002

↑こちらが今回使用したコンクリート試験体です。鉄筋がかぶり厚を変えて数本入っております。

ストラクチャスキャンSIR-3000の1.6GHzアンテナを使用して鉄筋を探査してみました。

file____006a

↑鉄筋の位置に山形の波形が見えます。つまり、山形の波形が出ればその山の中心辺りで鉄筋が存在します。

今まで電磁波レーダー法の鉄筋探査機を使用されてこられた方なら分かると思いますが、非常にハッキリと波形が出ており、しかも多重反射が全くと言っていいほどありません!

次回は弊社倉庫の床(基礎部分)を探査したものを載せてみます。

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA