気象観測

元気ですかーっ! 家庭内ホームレス・ISO爺マンです。

10月8日ごろ久々に日本列島に上陸した台風18号について、気象庁と気象情報会社ウェザーニューズが、その上陸地点を巡って対立しているそうです。
10月16日の産経ニュース

おおまかに説明しますと、台風18号の進路に関し、気象庁は「愛知県の知多半島付近に上陸した」と発表したのですが、それ以前にウェザーニューズが「三重県志摩市に上陸」とメール・HPで情報を流し、その後も「伊勢湾を通過」、「知多半島に再上陸」と逐次情報を流したのです。
このウェザーニューズの行為に対して、気象庁は、逸脱行為である、と注意しました。というのも、予報業務の許可条件に、「台風の進路等に関する情報は、気象庁情報の解説の範囲に留める」という項目があるからだそうです。
これに対して、ウェザーニューズは、「上陸した、というのは実況情報で、規制対象の予報には当たらない」と反論し、対立しているそうです。

ウェザーニューズというと、私の好きな「ガイアの夜明け」でもやっていましたが、従来の気象情報だけでなく、ウェザーレポーターという全国の登録会員からのリアルタイム情報も合わせて予測し、地域ごとのきめ細かい天気予報を発信・配信している会社です。
今後の業務運営に大きく影響するので、たとえ管轄官庁が相手でも、引くわけにはいかないところでしょう。

ちなみに、ウェザーニューズが気象庁に上申書を提出したそうで、両者の対立はもう少し長引きそうです。

近年、局地的豪雨や竜巻など、これまでの気象予測だけではカバーしきれない異常気象が多発しているので、ウェザーニューズの企業活動は社会的にも非常に意義があると思います。ここは頑張ってもらいたいものです。

開発による急激な環境変化(中国など国外からの影響も含め)やヒートアイランド現象などが局地的な異常気象を引き起こしているのではないか、と私は思うのですが、これからの天気は自分で調べて自分で判断する、ということも必要になってくるのではないでしょうか。

そんな時は、迷わずrexseにご相談下さい。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

本日11月2日昼頃、当社の付近でやたらとサイレンが鳴っていました。外に昼食を食べに行った人に聞くと、ヘリコプターも5機ほど飛んでいたそうです。
理由はこちら
確かに、今日は風がきつかったです。
マリンスポーツをする人は、気象状況をきちんと把握してからにしましょう!

民主党政権のゆくすえ

元気ですかーっ? 憤りで乱入のISO爺マンです。

これを書いているのは、10月22日夜なのですが、新聞を読むと、亀井静香金融相が「良い談合もある」などと言って、公正取引委員会と火花を散らした、という記事がありました。
とんでもない話で、とても現職の大臣の言葉とは思えません。

亀井金融相というと、この前には、借金返済猶予策をぶち上げて物議を醸しました。
信用保証協会を通して、政府が金融機関の損失リスクを肩代わりする、などとも言っていたようです。

この人は、談合による工事代金や貸し倒れの保証金はどこから出すのか、考えて言っているのでしょうか?自分のフトコロから出すつもりなら何を言おうが誰も文句は言いませんが、とどのつまりは税金でしょ?
この人、きっと、税金は自分のフトコロの金、という感覚なのでしょう。
こんな感覚の人が金融相として幅を利かせているというのは、恐るべき事態です。

日本郵政社長の後任人事にしても、国民との感覚の隔たりは大きいですね。
せっかく実現した民主党政権も、この人のせいで、国民の信用を失墜しかねないと心底思います。
まあ、こんな人に郵政改革・金融担当大臣という権力を与えたのは民主党自身なのですから、自分で蒔いた種ですけど。野党時代にさんざん言っていた「任命責任」という言葉を、今度は自分自身が浴びることになるかも知れません。

私の目には、亀井金融相という人は自分と国民新党の人気取りのために権力を振りかざして無理難題を言っているようにしか映りません。

国民新党は、先の総選挙で当時の代表の綿貫民輔と幹事長の亀井久興が落選したんでしょ?
国民は国民新党を信任したんじゃないんですよ。
自民党の長期政権によって溜まりに溜まった膿みを出してもらうために、国民の多くは民主党を選んだのです。
こんな人にぶち壊されては、たまったものではありません。

競争力のない企業や時勢に合わせて工夫のできない企業は、残念ながら淘汰されるしかないと思います。
正当でない手段で延命させても、問題の先送りにしかならないのは自明の理です。
しかし、そのせいで職を失う人にはもちろん新しい職場が必要で、それを創出するには何より地方・地域の活性化とそのための改革施策が不可欠なのではないでしょうか。

中央省庁で、権力をカサに自分の人気取りのために好き勝手なことばかり言っている大臣がいては、改革は1ミリも前に進みません。

マシンコントロールのように、正しい方向にきちんと制御してもらいたいものです。

新規導入を検討中

元気ですかー、ちょいワルおやじ系ISO爺マンです。

「rexse」や「リ・スイート」にそぐわないのは重々承知ですが、久々のカバくん登場です!

kabakun09001

kabakun09002

kabakun09003

kabakun09004

kabakun09005

カバくんのハナの穴用には、もっと太いサイズが必要です...


Page 2 of 3123