ソーラーパネル

元気ですかー、久々のちょいワルおやじ系ISO爺マンです。

計測システムには、設置場所に電源が取れないところも多く、そういった場合にはソーラーパネル電源を用いることがあります。
当社では、GPS作業船位置決めシステム潮位データ伝送システムなどに用いることが多いです。
このブログの五等三角点さんの「システムには電源が必要です」に、詳しく書かれています。

計測システムとは関係ありませんが、近頃、省エネ、CO2削減の追い風もあって、太陽光発電システムを設置している建物が増えているようです。
テレビのCMでもよく見掛けるようになりました。

先日のことですが、私が住んでいるマンションの最上階から辺りを見回すと、ひときわ目立つソーラーパネルを発見しました。
普通ソーラーパネルというと、大抵「寝て」いるものだと思うのですが、そいつは多少傾斜はついていますが、「立って」いるのです。
しかも、大きさは推定で縦5~6m、横8~9mくらいあります。
設置しているのはマンションだと思われるのですが、そう大きいものではありません。
あまり大きくない建物の屋上に、かなり大きなソーラーパネルが「立って」いるので、すごく目立つのです。

so-ra-pa

それを見て、当社の屋上にも設置できたらな、と思いました。
設置する面積は十分あります。
問題はやっぱり費用ですね。かなり前の話ですが、1kW当たりおよそ100万円と聞いたことがあります。(調べてみると、今では70万円ほどのようです)
相当の補助金なりがないと、当社の場合、社長のOKは出ないでしょう。

可能性があるとしたら、太陽光発電システムがすごく安くなるか、当社がすごく儲けるか、のどちらかです。
というわけで、当社が儲かったかどうかは、Google mapsで確認できるので、注目して下さい。

情報のリ・スイート

こんにちは、ISO爺マンです。

スタッフブログ「測定器を斬る!!」から、こちらに鞍替えとなりました。
以後、お見知りおきのほど、よろしくお願い申し上げます。

タイトルの「リ・スイート(re-suite)」とは、「組み直す」という意味がありまして、様々な計測機器や周辺機器を組み合わせて新しい計測システムに再構築する、ということに引っ掛けています。
その他、マンネリ化していたスタッフブログも見直して、より読み応えのあるものにしていきたいという思いも、実は込められています。

ところで、当社の商品管理・在庫管理・入出庫管理・見積もり・受注管理等は、すべて当社オリジナルの社内システムで行われています。この社内システムの愛称は「ris(リス)」といいまして、これは、Rex Information Systemの略で、「レックス情報システム」ということです。
これも、ちょっとだけ、リ・スイートに引っ掛けているのかも知れません。

さて、昨今は情報化社会でありまして、膨大な情報が身の回りに氾濫しているわけですが、情報というものはあるだけでは何の役にも立ちません。

  1. (1)必要な情報を如何に選別して収集するか。
  2. (2)収集した情報を如何に整理して分析するか。
  3. (3)分析結果を如何に利用、活用するか。

以上のことがきちんとされていないと、いたずらに情報の波に押し流されるだけに終わってしまいます。

当社では、上記の(3)はさすがに無理ですが、お客様のために(1)・(2)のお手伝いはできると思います。
計測に関してお困りの際は、当社にお問い合わせいただければ幸いです。どのようなことでも精一杯ご相談に乗らせていただきます。

また、社内システムrisに蓄積されたデータも分析、活用して、よりクイックレスポンスを目指し、お客様のために役立てていきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

タグ:

Page 3 of 3123