人生いたる所に酸欠あり

元気ですかー!家庭内ホームレス・ISO爺マンです。

ネットでニュースを見ていると、またもやいたましい事故があったようです。

マンホール清掃中に2人意識不明、搬送先で死亡 酸欠か

10日午前10時半ごろ、埼玉県日高市高萩の下水道工事現場の様子を見に来た市職員から、「マンホールを清掃中の作業員2人が意識がない」と119番通報があった。

飯能署などによると、2人は東京都大田区、下水清掃会社社長(46)と、同区、土木作業員(51) で、病院に搬送されたが、死亡が確認された。地下約2メートルの下水道管の中で清掃作業をしていたという。同署は、作業中に酸欠状態になったとみて調べている。
(朝日新聞社 asahi.com 2010年3月10日19時56分)

酸欠事故や爆発事故は、残念なことに跡を絶ちません。
十分、分かっているはずなのに..

私が20年ほど前に、ガス検知器メーカーの人から教えられた言葉があります。

「閉ざされた場所に入る時は、酸欠場所ではないかと、まず疑ってかかれ。
人生いたる所に酸欠あり」

20年経った今でも、よく覚えています。

記事になっているほとんどの事故は、ガス検知システムのようなお金の掛かるものではなく、ポケットに入る小さな酸素濃度計で防げるのではないか、と思います。

今はかなり安い機種もあり、買ってもそんなに高くないし、急な時にはレンタルもあります。
是非、前もって用意して下さい。

事故が起こってからでは取り返しがつかないのですから。

タグ:

シールド現場でのガス検知システム

こんにちわ!レックスの若乃花です!!

ご無沙汰しておりますm(_ _)m

日々、激変していく建設業界で営業活動を行っているわけですが、各社受注のために技術提案には四苦八苦されているようです。

先日は当社が設置していたガス検知システムの利用は終了した現場があり、その撤去に現場へ行ってきました。

現場は岸辺から海の下を通して反対側の岸辺へ通す下水管のシールド工事でした。

正直、シールドの現場へ行くのは初めてで少し緊張もしていたのですが、逆に現場は終了しかけということもあり、シールド内は作業員の方は誰もおられず閑散としておりました。

片道2~3kmぐらいの道程だったのですが、中腹ぐらいに差し掛かると少し息苦しい感じもしてくる(もちろん送風機は稼動してました)ほどで、「こんな場所でガスが発生したり、酸素が薄くなったら確かにヤバイなぁ」っと一人思っていたわけで・・・

今回のシールドは径約2mと少し広く(下水管なので)歩きやすかったですが、この中にガス検知を設置して、電源を引張って、パトライトを付けて・・・と作業のことを考えると本当に事前に状況を知っておくことは大事だと痛感しました。

当社では、もっと小さな径1.4mぐらいの工事でもガス検知を設置したことがありますが、やはり当事者の話を聞くと「ツライ」という感想が出てきます。

どうしても、営業では価格の話が大部分でてくることも多いですが、このシステムに関しては金額と並行、もしくは優先して「安全」の部分をお客様と一緒に考えていきたいと思っております!