粉じんの警報値

こんばんわ。元パソコンオタクです。

最近、環境モニターや、騒音振動表示装置にメール送信装置などの警報装置を取り付けたいという要望が多く寄せられます。
その際に、警報値はどうすればよいのか質問されることがまれにあります。

粉じんの管理値は、測定の目的によっていくつかあり、目的にあわせた設定が必要になります。
大きくは作業員の安全を確保するための作業環境基準と大気環境基準(一般的には環境基準といいます)があります。

作業環境基準は、屋内作業や、屋外作業、トンネル工事などによって数値は異なりますが、規制値が設定されていので、 その規制値に従うことになります。

一方で環境基準(大気環境基準)には規制値はありません。

環境基準は、「維持されることが望ましい基準」でということで、行政上の政策目標であるためです。
粉じんの基準値としては「1時間値の1日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ、1時間値が0.20mg/m3以下であること。」となっています。
18年度の浮遊粒子状物質(SPM)の環境基準達成率は、一般局93.0%、自排局92.8%ということですので、地域によっては何もしなくてもオーバーしてしまうことになりますので、注意が必要です。

近隣への粉じんの飛散量について配慮を行いたい場合には、環境基準を考えがちですが、 こういった場合には、環境基準そのものを管理値として、設定するのではなく、 あらかじめ、作業をしていないときの粉じん量考慮して、管理値を設定したり。
複数箇所に粉じん計を設置して、風向風速計などのデータと併せて比較するなどの工夫が必要です。

環境基準は「維持されることが望ましい基準」ですので、屋外作業場での作業環境基準の規制値などを使用するのも、 一つの手段かも知れません。

総合評価と情報化施工

どうも!レックスの若乃花です :lol:

当社のお得意様業界であるゼネコン業界でも、現在不況の波が押し寄せているようで、色々な企業様の現場で担当者様とお話をさせていただきますと「景気は良くないなぁ」とか「仕事は減ったよ」といった話題が出ることも少なくありません。

計測器のレンタルをしている当社としても、各ゼネコン様のお仕事は非常に気になるところでもあり、何かしら良い仕組みを作っていけないかと日々思案をめぐらせております。

もちろん、このブログやウェブサイトの充実・更新もその一つになっていくとは思いますが、まだまだ発展途上であります。

そんな中で、先日のニュースで『土木・建築の落札総合ランキング』で1位、2位の鹿〇建設や大林〇など上位にランキングする企業と、なかなか落札ができない企業の差は何なのかなぁと考えました。

もちろん、様々な要因が重なってだとは思いますが、その要因の大きな一つに『総合評価落札制度』について、より理解と経験を積み重ねた企業が他社より上に出ているように思います。

つまり、従来の価格競争か総合評価へ落札制度が変わっていくわけですが、その要素は主に「品質、安全、環境、性能、ライフサイクル、省資源、価格」といったカテゴリーに分けられます。

もちろん、各企業ごとに得意、不得意分野があるでしょうが、当社ではその中でも「品質、環境、性能、価格」に対して評価ポイントの上る技術提案のサポートをさせていただきます。

そして、その主力商品が情報化施工商品と呼ばれる当社システムになります。
各社、技術担当の方でもしそういったお困りがございましたら是非、当社へご一報くださいませ^^

情報化施工を標準的な工法とする方針

REXSEの岡です

弊社では、工事入札における技術提案のお手伝いをさせていただいておりますが、振動ローラ転圧管理システムが、評価ポイントの対象にならなくなってきたと建設会社のご担当者様からよくお聞きするようになりました。

【振動ローラ転圧管理システムはこちら】
http://www.rexse.com/category/gps-survey/road-roller/index.html

中国、近畿、四国の各地方整備局の管轄にて施工管理に標準化されてきているとお聞きしております。
最近お伺いした道路工事の現場でも、施工特記事項にも記載されており各工区の施工管理に盛り込まれておりました。

国土交通省は2008年7月に定めた情報化施工推進戦略で、2012年度までに情報化施工を標準的な工法として定着させる方針を打ち出したとの記事も見ました。

今後、すべての現場で検討して、実行されることになりますが、何をどうしたらいいのか、また、どのようなシステムや機器を導入して、どのようなデータ管理を行えばよいのか、まだまだ、すべての建設会社様で方針を打ち出されていないのが現状だと思います。

その中で、弊社も新しい情報をできるだけ収集して、少しでも技術提案をはじめ、実施工の方法も提案をさせていただいております。

私も、まだまだ勉強中ではありますが、一緒に問題や悩みを解決できればと日々取り組んでおります。

弊社で問題解決、お手伝いできることがありましたら、お気軽に連絡をいいただければスタッフ一同、全力で解決の糸口をご提案させていただきます。


Page 1 of 212