工事現場環境・近隣対策

こんにちは。YYパパです。

工事現場において常に付きまとう問題、それは「近隣対策」です。
そのために、現場ではいろいろ対策を練っています。工事前、工事中などに定期的に近隣向け説明会をしたり、現場所長が近隣に挨拶回りをしたりなど 聞いたことがあります。

そんな中、工事中にいかに近隣に安心感を与えられるのかが現場の課題となります。そこで、最近当社で注文が多いのは「騒音振動表示装置」と「AED」です。
騒音振動を表示することによって、現状をお知らせすることにより近隣に安心感を与えることができます。それと同時に、この現場は騒音振動に気を配っていますというアピールにもなります。
AEDも同様です。現場で心肺停止など万一の危機管理ができていますというアピールと同時に、近隣で生活の中でもしくは散歩中などに心肺停止など不慮の事故が起こった際に、ここにきたらAEDを持っているという安心感を与える役にも立っています。

当社は上記に挙げた「騒音振動表示装置」も「AED」もレンタル品として設備しております。今、最も注目されている機器の一つであることは間違いありません。

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA