気象補正と変位計測

こんにちは~元パソコンオタクです。

最近2回連続でブログをサボって怒られました。
毎回書かなきゃと思っている内に一週間が過ぎています。

今回も書かなきゃと思いつつはや木曜日、設置やトラブル対応に駆り出されるとどうしても後回しになってしまいます。

これからは、事前に書いておこうと思います。

さて、今回は、気象補正について書きます。

測量機の中にトータルステーションや光波距離計という距離を測定する機械があります。

測定の詳しい原理は省略しますが、これらの機械は、距離測定に光を使用します。

光を使用して距離を測定すると気温や気圧・湿度の影響を受けて誤差が発生します。

この誤差を補正することを気象補正といいます。

機種によって使用している光の波長が違うので若干の違いはありますが、

おおむね、気温1℃の変化で1ppmの補正が必要になり、気圧3.8hPaでも1ppmの補正が必要になります。

ppmは百万分の1ですので、1ppmは100mに対して0.1mmになります。

普通のトータルステーションで近距離の測定をする場合には、あまり気にする必要はありませんが、高精度な測定をする場合には、正しい値で補正する必要があります。

厳密には湿度の影響も受けるのですが、気圧や温度に比べると非常に影響が小さいので、補正に使用されない事が多いです。

レックスには三次元自動変位計測システムという、24時間365日、自動で変位を計測するシステムがあるのですが、非常に高精度な結果を求められるケースもあるため、自動気象補正装置といって温度と気圧を自動的に計測して測定値を補正するための機器が接続出来るようになっています。

先日伺った現場では、昼間しか計測されなかったので、補正装置は使用していなかったようですが、季節の変わり目をまたいで24時間計測する場合には、ほぼほぼ必要になります。

冬の最低気温が氷点下で、夏場の最高気温が30℃だったりすると、100m先で3mmにもなります。
もちろん、許容値や計測点との位置関係にもよりますが、年間で3mmの誤差は大きいですよね。

実際には、計測機器や機器の台座なども温度の影響を受けて伸縮したりねじれたりしますが、こちらも2点以上の動かない安定した基準になる点(不動点といいます)を使用して自分の位置を再計算させることで誤差を打ち消すことが出来ます。

このように自動で計測をするためには必要に応じた補正が必要になります。

タグ:

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA