ちょっとした優越感

こんにちは、USAです。

数ヶ月前になりますが、ある小学校の改装工事の現場に 騒音振動表示装置を当社からレンタルし、今も使用していただいています。
久しぶりにその現場の前を通ってみると、小学生が今の騒音・振動の数値の動きを見ながら一喜一憂してました。大きな声を出してみたり、足踏みして振動を起こしてみたり・・・。かわいい光景でした。

また、買い物帰りの主婦が通りがかりに数値を確認したりしている姿もありました。

おれが納めた機械が、しっかり仕事をしているなと感心すると同時に、みんなが見ているこの機械はおれがここに納めたんだぞって心の中で無意味な優越感に浸ってきました。

関連記事

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます

CAPTCHA